黒染めカラー毛を明るくする方法とそうしない為の事前準備

 

こんにちは西葛西美容室&-hairの山本です

 

今日は、就活などで髪を暗くした方を明るく戻す方法

 

そして
極力髪の毛を暗く染めたくないという方に

 

 

実際に染めない対処法をお話ししていきたいと思います

 

去年就活の為髪を暗くした

今年の新社会人の皆さんが今の時期

気付き始めます

“あれっ!!

うちの会社髪染めてもいいんじゃない”

 

そうです実は面接の時は学校側から

髪は黒く口を酸っぱく言われていましたが

いざ会社に入ると先輩方は思ったよりも

明るめな髪の色をしていたりします

 

 

そうすると美容室で黒染めをした髪の毛を
明るくしてほしいと言ったお客様が増えて来ます

 

 

毎年この時期になるとその様なお客様が増えて来ますが

 

ここ最近セルフカラーをしているケースがとても多い様に感じます
一度黒染めをした髪を綺麗に染め上げるのは結構大変です

 

こんな感じに

 

余裕な感じでは綺麗に染められません

 

どちらかと言うとこんな風に
真剣にならなければできません
(どんな場合でもこちらの塗り方が通常です)
とにかく黒染めをした髪の毛というのは

実は明るくするのがとても大変です
まず黒染めした箇所をチェックする為

この様に

 

髪の毛を一束取り

どこから黒染めをしていて何処からが黒染めをしていないかの確認します

ここでだいたい15〜20分かかります

 

 

チェックをした後に
その髪の毛を明るくする方法は基本的に
2パターンあります

 

 

1つ目は

 

全頭ブリーチ
一度髪の毛を全体的に明るく金髪状態にします

目的の色によってはもう一度ブリーチをする場合もありますが

 

 

もちろん髪は痛みます

 

その上からしたい髪の明るさのカラー剤を塗り染めていきます

テスト+ブリーチ+カラーの3プロセスです

 

その仕上がりがこちらです

結構綺麗に染められたと思います

 

 

2つ目は

 

 

全頭ハイライト

 

ハイライトとは

この様に細かく染めるところと染めにところを分け取り

ブリーチで染めるところと普通のカラーで染める所を分けて塗る方法で

わざとムラムラに染めてしまおうという作戦です

 

仕上がりがこちら

 

全体にブリーチを使って染める訳ではないので
全頭ブリーチに比べダメージは抑えられます

 

しかしダメージと手間は必須になって来ます
※ブリーチが必須でないパターンもあります

 

 

ここまで説明しましたが
美容師としてはあまり黒染めは

 

オススメしたくないメニューの1つです
自分でやりたくないカラーのお手伝いは辛いもんがあります                 

しかし黒くしていかなきゃいけない
そう言った方のために髪の毛を染めなくても
面接や説明会を切り抜けらける方法もご紹介します

  • 黒染めスプレー
  • ヘアマニキュア(酸性カラー)
    こちらも黒染めですがダメージは無しです
  • ウィック

 

があります

この三点は髪の毛を傷めずに暗く出来るし
後々元に戻しやっすいというメリットもありますが
持ちが悪い結べないと言ったデメリットももちろんあります

 

その辺を踏まえて美容師さんに相談してみることをお勧めします

 

 

ご予約について

おかげさまで、予約が取りづらい日も

多くなってきました~(≧∇≦)
ご予約はお早めにお願いします

03-3680-7559

ご予約くださいね♪

 

 

髪のお悩みやご予約などなど
TAKE直通メッセージはこちら


友だち追加

ラインマーク押すとどうなるのって方は
ここ見てね

 

 

TAKEより

写真撮影
及び
ブログ掲載は

事前に許可を取ります。

無理な方はもちろん結構ですので

遠慮なくお断りださい♪

 

 

「&-hair」

東京都江戸川区西葛西3-16-13 B1F

営業時間 10:00~20:00

03-3680-7559

お店ホームページ

お店までの道のり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です